旅とカメラとわたしと。

カメラといっしょに旅へ。気ままに更新!

長崎へ - vol.4 - 大浦天主堂 祈念坂

 

11月も残り少なくなって、日増しに寒くなってきました。

福井は、昨年はほとんど雪が降らず、一度も雪かきをすることのない冬でした。

今年は雪が多くなるという見通しのようで、そろそろタイヤ交換をしなくちゃなと。

 

さてさて、10月30日から2泊3日で訪れた長崎旅、前回の続きです。

 

DSCF6136

 

DSCF6161

 

DSCF6164

 

長崎旅の1日目。

まずは大浦天主堂を目指して、ブラブラと寄り道をしながらグラバー通りを上がっていきます。

 

大浦天主堂に到着〜!

 

大浦天主堂

DSCF6169

白壁が鮮やかで、キレイですね〜。

 

それでは拝観!

と、その前に(引っ張りまくってスミマセン。。)

 

大浦天主堂のすぐ近くに、とっても眺めの良い坂道がありますよ〜と、ガイドマップで案内があったので、先にそっちに行ってみることに。

 

ガイドマップに沿って、大浦天主堂前の広場から左へ、細い路地を入っていきます。

100mほど進むと、・・・

祈念坂の案内表示が。

DSCF6210

 

祈念坂

DSCF6172

 

DSCF6173

石畳の坂道が良い感じですよね〜。

大浦天主堂の横を通る祈念坂は、明治初期の居留地時代に造られたもので、多くの貿易商人さんや宣教師さんが通ったそうですよ。

 

DSCF6175

大浦天主堂の側面部分が見えてきました!

 

DSCF6179

 

DSCF6181

 

DSCF6187

大浦天主堂の側面部分を、こんな間近で眺めることができちゃいます!

大浦天主堂ゴシック様式で建築されていますが、瓦屋根には日本瓦が使われています。

 

DSCF6180

 

さらに坂道を上って、・・・

DSCF6190

 

振り返ると、・・・

 

大浦天主堂の先に長崎港稲佐山が広がる景色。

DSCF6207

 

DSCF6201

 

DSCF6196

とっても気持ちの良い眺めです。

夜になると、長崎港の夜景が望め、ほのかな灯りで光り輝く天主堂のステンドグラスが神秘的で、その眺めは格別!とのこと。

いつか見てみたいなあ。

 

DSCF6209

 

DSCF6203

小説家・遠藤周作さんも、長崎を訪れた際には朝夕この祈念坂を散歩され、「葡萄の香りがする」と、とっても愛された場所だそうです。

カトリック教会の大浦天主堂の反対側には、祈念坂を挟んで日本式の墓地が広がっていて、天主堂の日本瓦屋根もそうですが、和洋が調和した情緒あふれる坂道でした。

 

DSCF6184

 

 

祈念坂から大浦天主堂の正面に戻ってきました。 

DSCF6215

 

今回はこの辺で。

次回、とっても引っ張っちゃいましたが、国宝・大浦天主堂へ。

 

ではでは。

 

1.大浦天主堂 2.祈念坂

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村