旅とカメラとわたしと。

カメラといっしょに旅へ。気ままに更新!

大阪・住吉へ - vol.2 - 住吉大社

 

少しブログの更新に間が空いちゃいました。。。

というのも、・・・・・

 

10月3日から、1泊2日で信州へ行っておりました!

善光寺にご参拝したり、軽井沢をブラブラしたりと、昨年11月以来のお泊り旅

ウイルス感染対策をしっかりして、人との接触を極力避けての旅となりましたが、とっても楽しく満喫できました。

 

善光寺

DSCF5481

 

軽井沢・白糸の滝

DSCF5627

 

久しぶりに、いっぱい写真を撮ることができて、溜まりに溜まったストレスが全部吹っ飛んじゃったような感じです。

また、ブログでご紹介できればと思います。

 

さてさて、昨年10月の大阪・住吉のブラリ散策、前回の続きです。

 

DSCF1954

 

P1030191

 

あべのハルカスを見上げた後は、阪堺電車に乗って住吉大社へ。

 

住吉大社

DSCF1962

www.sumiyoshitaisha.net

 

 

大阪の人間ですが、恥ずかしながら初めての住吉大社ご参拝です。

 

住吉大社は、神功皇后摂政11年(211年)、海の神様・住吉大神(すみよしのおおかみ)神功皇后(じんぐうこうごう)を祭神として創建されたと伝えられており、1800年を超える歴史を持つ神社。

戦後、GHQによって廃止されるまで続いた近代社格制度では、出雲大社とともに、最上位の社格となる官幣大社とされ、全国に約2,300社ある住吉神社の総本社となっています。

 

初詣のご参拝客の多さでも知られ、2018年のデータですが、約236万人と全国7位の人出。

ちなみに関西では、伏見稲荷大社が約270万人(全国5位)で、全国トップは明治神宮で約316万人だそうです。

 

鳥居

DSCF1966

 

DSCF1967

 

反橋(太鼓橋)

DSCF1969

住吉大社といえば、こちら反橋(そりはし)ですよね。

長さ約20m、高さ約3.6m、幅約5.5mで、最大傾斜は何と48度です!

 

DSCF1971

 

DSCF1973

石造りの橋脚は、豊臣秀吉の妻・淀君が息子・豊臣秀頼の成長を祈願して、慶長年間に奉納したものと伝えられています。

 

DSCF1976

 

DSCF1978

さすが48度の急傾斜。結構怖いです。

 

DSCF1980

 

DSCF1981

 

DSCF1982

 

DSCF1983

反橋から境内を見下ろして。

結構な高さですよね。

 

DSCF1984

 

DSCF1987

転ぶことなく、何とか無事に反橋を渡りきりました。

 

さて、本殿へお参りです。

DSCF1986

 

角鳥居(住吉鳥居)

DSCF2013

 

DSCF2010

 

住吉大社には、底筒男命(そこつつのおのみこと)中筒男命(なかつつのおのみこと)表筒男命(うわつつのおのみこと)三神・住吉大神と、神功皇后四神がお祀りされていますが、一神ごとに一本宮、合せて四つの本宮があります。

 

底筒男命がお祀りされる第一本宮からご参拝です。

 

第一本宮・幣殿

DSCF1989

国の重要文化財に指定される幣殿。

本殿と同じ、江戸時代の文化7年(1810年)に造営されたものです。

 

DSCF1990

 

DSCF1992

 

DSCF1993

 

今回はこの辺で。

次回、引き続き住吉大社をご参拝です。

 

ではでは。

 

 

10月となり、下半期がスタート。

何か新しいことを始めようかなと、ブログ村に参加してみることに。

世界が広がるでしょうか?

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村