旅とカメラとわたしと。

カメラといっしょに旅へ。気ままに更新!

尾道へ - vol.4 - 尾道本通り商店街 日本一短い船旅

 

今日から4連休・シルバーウィークのはじまりはじまり~。

今春から全く旅に出られず、休日はお家で過ごす日々。。。

このお休みは、美味しいものを求めて、近場にお出かけしようかなぁと考えています。

 

さてさて、2019年9月の広島県鞆の浦尾道の港町めぐりの旅、前回の続きです。

 

P1030159

 

DSCF1756

 

旅の2日目、尾道

ランチに尾道ラーメンをいただき、充電完了!

引き続き、尾道本通り商店街をブラブラと。

 

DSCF1771

 

DSCF1772

 

坂の街・尾道ですが、ネコもたくさん暮らしていて、ネコにちなんだショップやグッズがいっぱい!

 

そういえば、尾道市立美術館に入ろうとするネコと、ダメだよと優しくたしなめる警備員さんとの、何とも微笑ましい攻防が話題になりましたよね。

www.asahi.com

 

本通り商店街もにゃんこグッズで溢れています。ちょっとまとめてご紹介。

 

尾道帆布鞄 彩工房

DSCF1776

トップ:尾道帆布鞄 彩工房(saikoboさいこうぼう)広島県尾道市 帆布ランドセル、オーダーメイドバッグ

 

御菓子司 松愛堂

DSCF1777

尾道市(しまなみ)にある和菓子(みかんはちみつ、おまんじゅう、因島杜仲茶)、洋菓子(焼き菓子、はっさくゼリー、ケーキ)の老舗、御菓子司・松愛堂は、創業大正十年です。

彩工房さんのすぐお隣、こちらは創作和菓子の松愛堂(しょうあいどう)さん

練り切り餡でできたゆるネコ。カワイイですね〜。

はっさく大福、はっさく餅も人気みたいですよ。

 

DSCF1791

最後におまけ。

尾道の街で見ると、お馴染みのクロネコの親子も特別なものに感じます。。。

 

あなごのねどこ

P1030173

尾道空き家再生ゲストハウス「あなごのねどこ」 | 尾道空き家再生ゲストハウス「あなごのねどこ」

ネコの次はあなごです。

こちらは、ゲストハウスのあなごのねどこさん

(うなぎじゃなくて、尾道名産のあなごです。)

 

P1030172

エントランスのディスプレイがとっても楽しげですね。

元は築約100年の古民家ですが、地元NPO法人尾道空き家再生プロジェクト」によってリノベーションされ、あなごのねどこの名のとおり、奥に細長いドミトリー形式のゲストハウスとなっています。

1Fには、学校をテーマにしたカフェ・あくびカフェーが併設。

学校給食風のセットがいただけるみたいです。

 

さてさて、今回の尾道旅のお愉しみのひとつにしているものがありまして、・・・

おやつとやまねこさんの尾道プリンであります!

2017年に訪れた際には、残念ながら売切れでありつけず。

2年ごしのリベンジです。

 

というわけで、駅前商店街へ。

 

P1030167

 

おやつとやまねこ

P1030166

おやつとやまねこ/尾道プリン トップページ

おやつとやまねこさんに到着〜。

ですが、・・・

 

やっぱり人気店、お客さんでいっぱいです!

P1030164

少し時間を置いて再訪することにして、それまでブラブラと散策です。

 

海がわたしを呼んでいる!

潮風に誘われて、尾道水道へ向かいます。

 

P1030171

 

尾道渡船フェリーのりば

DSCF1779

尾道向島を結ぶ尾道渡船のフェリーのりばにやって来ました。

日本一短い船旅というキャッチフレーズのとおり、約200mで乗船時間約4分の船旅です。

約10分間隔で往復運航されていて、料金は大人100円、子ども50円、自転車110円。

 

向島からのフェリーが近づいてきました。

DSCF1780

 

DSCF1781

 

DSCF1784

 

DSCF1785

 

DSCF1787

 

気を付けて行ってらっしゃ〜い。

DSCF1789

 

海が明るくて穏やかで、気持ちの良い眺め。

本当に癒やされました。

 

今回はこの辺で。

次回、尾道めぐり続きます。

 

ではでは。

 

1.尾道帆布鞄 彩工房 2.御菓子司 松愛堂 3.あなごのねどこ

4.おやつとやまねこ 5.尾道渡船フェリーのりば