旅とカメラとわたしと。

カメラといっしょに旅へ。気ままに更新!

京都へ - vol.15 - 伏見酒蔵めぐり 濠川と酒蔵の風景

 

新型コロナウイルス、また心配な状況になってきましたね。。。

長らく感染者の報告がなかった福井も、今週感染者が発生。

また色んな自粛の流れになっていきそうで、 心配です。

 

さてさて、2019年6月の京都伏見への日帰り旅、前回の続きです。 

 

DSCF0726

月桂冠大倉記念館内蔵酒造場などの酒蔵を、通りから眺めた前回。

お次は、濠川(ほりかわ)のほとりからの酒蔵の景色です。

 

蓬莱橋(ほうらいばし)

DSCF0767

濠川に架かる蓬莱橋(ほうらいばし)

 

DSCF0766

 

DSCF0805

濠川は、文禄元年(1592年)、伏見城が築城された際、城の外濠として開削。

伏見港公園から宇治川に注ぐ運河です。

 

DSCF0804

蓬莱橋から川のほとりに下り、濠川沿いに整備された遊歩道をテクテク歩いて酒蔵へ。

 

DSCF0769

 

DSCF0770

ちょうど紫陽花の季節。

季節によって、ソメイヨシノ菜の花など、楽しい遊歩道です。

 

DSCF0772

 

月桂冠内蔵酒造場の酒蔵が見えてきました!

DSCF0774

www.gekkeikan.co.jp

 

酒蔵青空新緑と気持ちの良い眺め。 

DSCF0777

 

DSCF0780

 

DSCF0782

 

DSCF0783

川面に映り込む緑がキレイ〜。

 

DSCF0790

 

おっ!十石舟がやって来ました。

DSCF0794

十石舟と三十石船 | NPO法人 伏見観光協会

かつて、大坂から京に入る玄関口だった伏見。

淀川〜宇治川を十石舟・三十石船が行き交い、伏見港で発着。

多くの船宿・旅籠が軒を並べ、旅人で賑わっていたそうです。

(中でも、坂本龍馬の定宿寺田屋が有名ですよね。)

 

現在も、酒蔵コースを巡る十石舟・三十石船が運航しています。

 

DSCF0791

 

DSCF0795

 

DSCF0797

 

DSCF0800

 

DSCF0799

 

DSCF0802

 

酒蔵と水辺の新緑を存分に楽しめました!

 

今回はこの辺で。

次回、引き続き伏見の街をブラブラと。

 

ではでは。

 

1.月桂冠大倉記念館 2.蓬莱橋 3.濠川遊歩道