旅とカメラとわたしと。

カメラといっしょに旅へ。気ままに更新!

北九州へ - vol.9 - 若戸大橋 ニッスイパイオニア館 若戸渡船

 

自粛生活で、お家のソファで座っていることが多かったためか、近頃腰が少し痛いんですよね〜。

運動不足もあると思います。

基本的に車通勤ですが、天気の良い日には早起きをして、歩いて通勤してみようかなぁ。

 

さてさて、2019年3月、1泊2日の北九州市の旅・2日目、前回の続きです。

 

JR戸畑駅から、歩いて若戸大橋を目指します。

時間は朝の9時過ぎ。天気はあいにくの曇り空。。。

P3310267

 

橋脚のたもとに到着〜。

P3310272

正面に見えるのは、若戸渡船・戸畑渡場です。

船で洞海湾を渡り、対岸の若松へ向かうつもりですが、船の出航時間まで若戸大橋をスナップ!スナップ!

 

P1020774

 

若戸大橋

P3310276

www.gururich-kitaq.com

 

若戸大橋は、洞海湾にかかる北九州市若松区戸畑を結ぶ全長627mの吊り橋

を結ぶから、若戸大橋なのかぁ〜。

昭和37年(1962年)に開通し、建設当時は東洋一の長さを誇り、日本の長大橋の先駆け。

毎年7月に開催されるくきのうみ花火の祭典では、大橋から海へ降り注ぐナイアガラの滝が大きな目玉。

今年はコロナウイルス感染症の影響なのか、10月3日の開催が予定されているみたい。

一度は花火を見物したいものです。

くきのうみ花火の祭典 - 北九州市

 

P3310275

 

P3310277

 

P3310279

 

P3310280

 

P3310281

大橋、対岸の工場群、船。

良い感じです。

 

P3310291

 

P3310283

 

P3310285

 

少し辺りをウロウロと。

 

ニッスイイオニア

P3310290

ニッスイパイオニア館 | 社会 | サステナビリティ|ニッスイ企業情報サイト

 

日本水産ニッスイの創業の地、北九州市戸畑。

こちらの建物は、昭和11年(1936年)に建築されたニッスイ戸畑ビル

平成23年(2011年)、創業100年を記念してニッスイイオニアとしてオープンし、水産業の歴史を伝える資料を展示しています。

(残念ながら、この日は日曜日で休館日。。。)

 

P3310293

 

さてさて、出航の時間が近づいてきました。

ダッシュで渡場へ。

 

若戸渡船・戸畑渡場

P1020772

若戸航路 - 北九州市

 

若松と戸畑を結ぶ若戸航路

古くは大渡川渡船と呼ばれ、その歴史は100年を超えるそうな。

現在でも、年間50万人を超える利用者があり、地元で親しまれています。

 

P1020773

 

P1020775

航行時間は約3分。運賃は大人100円、お子ちゃま50円と庶民的です。

 

P1020777

船内からパシャリ。

若松渡場が近づいてきました。

 

今回はこの辺で。

次回、北九州市若松をブラブラします。

 

ではでは。

 

1.JR戸畑駅 2.若戸大橋 3.ニッスイイオニア

4.若戸渡船・戸畑渡場