旅とカメラとわたしと。

カメラといっしょに旅へ。気ままに更新!

加賀へ - vol.1 - 加賀片山津温泉総湯

 

気が付けば、もう5月も下旬。

コロナ禍で身動きが取れないので仕方ないですが、今年はあれしよう!あそこ行こう!って思っていたのに、このペースでは未達に終わってしまいそうです。。。

これから少しでも巻き返しを図れるよう、早く日常を取り戻したいものですね。

 

さてさて、前回まで1泊2日の北九州市の旅1日目が終わったところまで綴ってきましたが、・・・・・

 

北九州市の旅・2日目の前に、少し別のお出かけを挟んでみます。

 

先日、当ブログを見ていただいている方から、「北陸でオススメの温泉」についてお問い合わせがあり、少しご紹介できればと。

 

元来、わたしは暑がりなこともあって、ご紹介できるほど温泉旅の経験が豊富ではありませんが、ゆったりとお湯に浸かって、体を癒せる温泉の魅力が分かるお年頃になったようです(とうとうこの夏で30歳。。。)。

 

福井で働くようになり、福井では芦原温泉、お隣・石川県では山中温泉によく行っていますが、今回は石川県加賀市片山津温泉をご紹介します。

 

片山津温泉について|片山津温泉観光協会公式サイト

 

山中温泉山代温泉粟津温泉とともに、加賀温泉の一つとして、350年を超える歴史を持つ片山津温泉

泉質は、ナトリウム・カルシウム塩化物泉で、ミネラルたっぷり。

 

温泉はもちろんですが、白山連峰を望む景色も良くて、さらにさらに!

素敵な建築もあるんですよ。

 

福井から車で、北陸自動車道なら45分、下道でも1時間程。

以下、つい最近で訪れた今年1月の写真となります。

 

加賀片山津温泉総湯

DSCF4497

 

 

温泉宿も多くありますが、立寄り湯のこちら、加賀片山津温泉総湯がお気に入りです。

 

柴山潟

DSCF4488

柴山潟のほとりにあり、白山連峰の絶景を望むことができます。

 

DSCF4496

 

DSCF4494

https://sou-yu.net/

 

DSCF4500

 

温泉施設とは思えないスタイリッシュなデザイン!

 

それもそのはず、建築家・谷口吉生さんによる設計です。

以前このブログで、同じく谷口吉生さん設計の金沢・鈴木大拙をご紹介しましたが、・・・・・

他にも、ニューヨーク近代美術館新館(MoMA豊田市美術館などを手掛けた世界的建築家です。

 

DSCF4503

 

DSCF4502

建物は、平成24年(2012年)の竣工で、地上2階建。

1階は浴場、2階はカフェとなっています。

全面ガラス張りで、とても明るい雰囲気。

 

DSCF4508

 

DSCF4509

 

DSCF0906

 

DSCF0908

こちらは、2階のデッキテラス。

あぁ〜、良い眺め!

 

DSCF0913

 

DSCF0907

 

DSCF0909

 

DSCF0911

 

DSCF0912

 

DSCF0918

 

DSCF4507

鈴木大拙館もそうですが、谷口吉生さんの建築は、水との調和がテーマのひとつ。

シンプルなデザインが水辺の景色に溶け込むように感じます。

 

温泉での写真撮影は、女性とはいえ、とっても怪しくなっちゃいますので、施設内の写真はありませんが、「潟の湯」「森の湯」の2つの浴場があり、それぞれ男湯・女湯として毎日入れ替わり。

個人的には、窓の外に柴山潟が広がる「潟の湯」が好きで、まるで潟の水面に浸かっているような感覚を味わえます。

 

以上、加賀片山津温泉総湯でした。

またいつか、芦原温泉山中温泉など、北陸の温泉をご紹介できればと思います。

 

今回はこの辺で。

寄り道しましたが、次回、1泊2日の北九州市の旅・2日目に戻ります。

 

ではでは。