旅とカメラとわたしと。

カメラといっしょに旅へ。気ままに更新!

北九州へ - vol.3 - 門司港レトロ 旧大阪商船門司支店

 

緊急事態宣言が延長されました。

こちら福井では、県独自の緊急事態措置が延長されますが、外出自粛、休業の要請などについては、感染防止対策の徹底、3密の回避を前提に、段階的に緩和されることに。

在宅勤務の期間・頻度がどれくらいになるか分かりませんが、少しずつ日常を取り戻すことができれば良いんですけど。

とりあえず、今日もしっかり手洗いうがいです。

 

 

さてさて、2019年3月、1泊2日の北九州市の旅、前回の続きです。 

 

P3300057

 

門司港レトロ旧門司三井倶楽部を後にして、・・・ 

 

ガイドマップを手に、港の方へ。 

f:id:shinobu-natsume:20200429085904j:plain

http://www.mojiko.info/pdf/guidemap.pdf

 

旧大阪商船門司支店

P1020668

旧大阪商船-観光スポット/門司港レトロインフォメーション

門司郵船ビル(旧日本郵船門司支店)のお隣、旧大阪商船門司支店

当時バチバチのライバルだった日本郵船大阪商船

中合わせですが、お隣同士で並んでいます。

 

P3300073

旧大阪商船門司支店は、大阪の建築家・実業家の河合幾次さんの設計により、大正6年(1917年)に竣工。

当時は建物のすぐ横に海があり、乗船客は桟橋を渡って、中国、台湾、インド、ヨーロッパ行の船に乗り込んでいったそうです。

 

P3300072

 

P3300084

 

P3300070

八角形の塔屋が特徴的。

 

P3300074

辰野金吾さんの十八番、オレンジのタイルに石の帯を施す辰野式を取り入れています。

 

P3300075

 

P3300071

1Fには、北九州市出身のイラストレーター・わたせせいぞうさんのギャラリー。

 

P3300076

 

P3300085

 

P3300080

 

旧大阪商船門司支店、港町の情緒にピッタリの素敵な建物でした。

 

お次は、テクテクと門司港へ。

 

P3300089

前方、高くそびえるタワーは、高層マンション・レトロハイマート

国立新美術館などを手掛けた黒川紀章さんの設計です。

高さ103mで、31階には門司港レトロ展望室があり、関門海峡門司港レトロの街並みを見渡すことができます。

(高所恐怖症のわたし。最も恐怖を感じる絶妙の高さで、今回は断腸の思いでパスしちゃいました。。。)

 

P3300090

潮の香りを全身で感じて、めちゃ気持ちいいです。

 

P3300091

 

P3300092

 

P3300093

フリーマーケットが催されているようで、ちょっと寄り道。

 

P3300088

 

P3300087

 

 

ハーバーデッキに戻って、 

P3300094

 

P3300100

こちらは、旧門司税関のハーバーデッキ側。

旧門司税関については、次回のブログで。)

 

P3300097

 

ブルーウィングもじ

P3300098

ブルーウィングもじ-観光スポット/門司港レトロインフォメーション

ブルーウィングもじは、国内最大級の歩行者専用のはね橋

全長108mで、1日6回、水面から約60度跳ね上がります。

 

P3300099

 

P3300101

今にも雨が降ってきそうな曇り空。快晴だったら、はね橋のブルーがもっと映えるんでしょうね。

 

P3300103

 

P3300104

おっ!関門橋が見えますね。

 

P3300107

 

P3300108

 

P3300109

 

P3300110

 

P3300111

 

P3300112

 

P3300113

はね橋が開くまで、まだ少し時間があります。

先に旧門司税関を訪ねてみることにしますが・・・。

 

今回はこの辺で。

次回、門司港レトロめぐり続きます。

 

ではでは。

 

1.旧大阪商船門司支店 2.旧門司税関 3.ブルーウィングもじ