旅とカメラとわたしと。

カメラといっしょに旅へ。気ままに更新!

京都へ - vol.5 - 北野天満宮

 

昨日の3月1日、富山県南砺市城端(じょうはな)へお出かけしてきました!

 

土蔵群 蔵回廊

DSCF4721

 

2週間ぶりぐらいのお出かけですが、天気も良くて暖かで、とってもリフレッシュできました。

城端ブラリ散策は、また後日ご紹介しますね。

 

 

さてさて、北野天満宮お詣り、前回の続きです。

 

DSCF4530

社殿でのご参拝を終え、境内を散策です。

 

 

訪れたのは先月の2月1日。

ちょうど前日の1月31日から梅苑が公開されていて、梅のお花見をしながら、パシャパシャとスナップ撮影です。

 

三光門(中門)
DSCF4538

 

DSCF4543

国の重要文化財に指定される三光門(中門)

 

の彫刻があることから、三光門と呼ばれますが、実際は星の彫刻はなくて、星欠けの三光門として天神さんの七不思議に数えられるそうな。

 

天神さんの七不思議 | 北野天満宮

 

DSCF4537

 

DSCF4535

 

DSCF4560

 

DSCF4534

 

DSCF4542

 

DSCF4547

 

 

三光門から楼門の方へ。

 

DSCF4548

 

絵馬所

DSCF4551

 

DSCF4550

 

 

一旦、楼門をくぐって、くるりとUターン。

 

DSCF4555

 

DSCF4556

 

楼門

DSCF4552

「文道大祖 風月本主」の額がかかる楼門。 

平安時代の学者、慶滋保胤大江匡衡菅原道真公を讃えた言葉です。

 

また、楼門の正面に本殿が位置するのが一般的ですが、北野天満宮では、楼門から社殿に続く参道が左に曲がっています。

筋違いの本殿として、これまた「天神さんの七不思議のひとつです。

楼門の正面にあるのは、摂社の地主社。

もともと地主社が先に祀られていて、地主社の正面を避けて、後で天満宮の社殿を建てたからだそうです。

 

DSCF4554

牛のアタマをなでなでして、再び境内へ。

 

DSCF4566

 

DSCF4571

 

DSCF4515

 

DSCF4513

 

社殿の奥、こちらは摂末社が並んでお祀りされています。

DSCF4575

境内には、社殿を囲むように50の摂末社があり、神様大集合といった感じ。

 

梅苑の梅ではありませんが、かわいい梅の花をパシャパシャと。

50種約1,500本の梅があり、紅白の色が鮮やかです。

DSCF4576

 

DSCF4584

 

DSCF4580

 

DSCF4582

 

DSCF4586

 

今回はこの辺で。

次回、上七軒をブラブラと。

 

ではでは。

 

1.社殿 2.三光門 3.楼門