旅とカメラとわたしと。

カメラといっしょに旅へ。気ままに更新!

大阪・ミナミへ - vol.5 - 2019春 なんばグランド花月 餃子舗珉珉 千日前道具屋筋商店街

 

GW明けの影響か、お仕事でバタバタの1週間で、少しブログの更新が空いてしまいました。

今日はちょっと遅めに起きまして、まったりしながらブログを綴っています。

 

さてさて、2019年GW大阪ぶらり散策、前回の続きです。

shinobu-natsume.hatenablog.jp

 

P1020901

 

P1020908

 

P1020913

 

P1020918

 

4月28日は、大阪のキタを散策。

2日目の4月29日は、大阪のミナミへお出かけ。

 

南海電鉄なんば駅ステーションビルの南海ビルディングをスナップした後は、戎橋筋商店街へ。

551蓬莱の豚まんの誘惑に負けそうになりながら、お目当てのランチのお店に向かいます。

 

P1020920

 

餃子舗珉珉・南千日前本店

P1020926

www.minminhonten.com

 

お家を出た時から、餃子のお口になっていました。

久しぶりの珉珉(みんみん)さんです。

 

昭和28年(1953年)創業の中華料理屋さんで、こちらは1号店の南千日前本店

直営店21店舗(関西12店舗、関東9店舗)、暖簾分けの32店舗の総本山です。

 

大学生の頃、サークル仲間とよく通いました。めちゃ懐かしいです。

 

P1020935

 

どの料理も美味しいので、オーダーは悩み悩みましたが、やっぱり一番のお気に入りを。

 

玉子とトマトの炒めもの

P1020929

ふわふわ玉子にトマトの酸味が絶妙です。

ご飯がすすんじゃいます。

 

焼餃子

P1020930

珉珉さんの餃子と久しぶりのご対面。

もっちり薄皮ですが、表面はパリッと。

中から肉汁があふれ出て、あぁ〜幸せ。。。

これまた、ご飯がすすんじゃいます。

 

P1020932

変わらぬ美味しさで大満足!

ごちそうさまでした。

 

お腹もこころも満たされまして、本日のメインであります新世界を目指しますが、ブラブラと寄り道しながらの移動です。

 

 

なんばグランド花月NGK

 

P1020943

 

P1020939

www.yoshimoto.co.jp

吉本興業さんの聖地、なんばグランド花月NGKです。

現在、全国に14の劇場がありますが、NGKはその総本山。

 

明治45年(1912年)、創業者の吉本吉兵衛さんと妻の吉本せいが、大阪市北区天神橋の寄席・第二文芸館を買収し、寄席経営をスタート。今年で創業109年となります。

 

中学生の頃に、一度観覧したことがありますが、こんなに綺麗な建物だったかなと、・・・

2017年にリニューアル工事をしたばかりのようです。

 

ちなみに花月の名前の由来ですが、落語家・桂太郎さん命名で、と咲くか、と陰るか、全てを賭けて」という思いからとされています。

 

P1020940

アホの坂田師匠と、吉本新喜劇内場勝則さんですね。

 

辺りでウロウロとしているタレントさんはいないかなと少し探してみますが、・・・

残念。今日はおられませんでした。

 

そうそう、思い出しました。

学生の頃、友達となんばをブラブラしていると、舞台の合間なのか、街中でパチパチパンチの島木譲二さんをよく見かけました。

多い時には、1日3回遭遇したこともあり、

 島木さん「お嬢ちゃんたち、サインいるかぁ?」

 わたしたち「さっき貰いました。」

と、とっても気さくなエエおっちゃんでした。

約4年前にお亡くなりになられ、とっても寂しいです。。。

 

P1020941

 

たこ焼道楽わかな・千日前本店

P1020937

「たこ焼道楽 わなか」オフィシャルホームページ

NGKのすぐお隣、こちらはたこ焼道楽わかなさん

今日もすごい行列です。

生地のダシが良く利いていて、美味しんですよね〜。

 

P1020938

さすがに、珉珉さんでお腹いっぱいでありまして、たこ焼きを転がす鮮やかな手つきを見学するのみといたします。

 

NGKから南へ。

千日前道具屋筋商店街を抜けていきます。

 

千日前道具屋筋商店街

P1020942

千日前道具屋筋商店街公式サイト | 5つ星を支え、深みのある品揃え。おどろきの商品群、千日前道具屋筋商店街

千日前道具屋筋商店街は、プロ向けの料理道具を扱う専門店が軒を連ねています。

約150mほどのアーケード商店街ですが、約50の専門店があり、眺めるだけでも楽しいんですよね〜。

その歴史は古く、明治15年(1882年)頃、千日前の法善寺から今宮戎神社への参道で、古道具屋さんや雑貨屋さんが店を構えたのが始まりのようです。

 

P1020947

 

P1020945

 

P1020948

 

P1020950

 

P1020951

すぐにでも、たこ焼き屋さんをオープンできる機材が揃っています。

ちなみに、日清製粉さんの2010年の調査によりますと、家庭用たこ焼き器の保有は、全国平均67.4%(結構高いんですね)に対し、大阪は驚異の90.0%!

エアコンの全国保有率が約90%だそうなので、大阪人のたこ焼き愛を感じますね。

 

道具屋筋を抜けまして、お次は電気街・日本橋にやって来ました。

東京・日本橋にほんばし大阪・日本橋にっぽんばしと、読みが違います。)

 

P1020952

 

P1020954

 

目指す新世界はもうすぐです。

 

今回はこの辺で。

次回、2019年GW大阪ぶらり散策続きます。

 

ではでは。

 

1.551蓬莱・本店 2.餃子舗珉珉・南千日前本店 3.なんばグランド花月

4.たこ焼道楽わかな・千日前本店 5.千日前道具屋筋商店街 6.日本橋4丁目

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

大阪・ミナミへ - vol.4 - 2019春 南海ビルディング 551蓬莱

 

この土日は、お家に引きこもっていたので、朝から体がだる重です。

ストレッチ体操でもして、午後からのお仕事頑張ります。

 

さてさて、2019年GW大阪ぶらり散策、前回の続きです。

shinobu-natsume.hatenablog.jp

 

P4280396

 

P1010345

 

P4280402

 

P4280411

 

4月28日は、大阪のキタを散策。

ランチがてら梅田をブラブラして、堂島川沿いのほたるまちダイビル本館をめぐりました。

 

翌日の4月29日は、大阪のミナミへお出かけです。

この日も、実家から京阪電車に乗りまして、終点の淀屋橋まで。

淀屋橋から、大阪メトロ御堂筋線なんばに到着。

 

地下街から地上に出てきました。

P1020899

 

ホテルロイヤルクラシック大阪

P1020900

【公式】コンセプト | ホテルロイヤルクラシック大阪

 

以前、ブログでご紹介しましたホテルロイヤルクラシック大阪ですが、・・・

shinobu-natsume.hatenablog.jp

 

この日は、建物に近づいて撮影してみました。

 

P1020901

新歌舞伎座の閉館後、そのデザインを低層部に引き継ぎてオープンしたホテル。

建築家・隈研吾さんの設計です。

前日に訪れたダイビル本館に続いて、新旧の建築が融合した建物めぐりとなりました。

 

P1020902

 

 

お次はこちら。

なんばに来ると、用事がなくてもついつい寄っちゃう南海電鉄なんば駅です。

 

P1020904

写真手前は、南海・なんば駅ステーションビル南海ビルディング

奥左側はスイスホテル南海大阪、右側は平成30年(2018年)、南海電鉄本社があった南海会館ビルの跡地に竣工した複合オフィスビル・大阪なんばスカイオです。

 

swissotelnankaiosaka.com

www.nambaskyo.com

 

P1020906

 

南海ビルディング

 

P1020908

南海電鉄なんば駅のターミナルビル・南海ビルディングは、昭和7年(1932年)に竣工。

鉄道省技師で建築家の久野節(くの みさお)さんによって設計されています。

久野節さんは、東武鉄道・浅草駅ビル参宮急行電鉄・宇治山田駅(現在の近畿日本鉄道・同駅舎)の設計も手がけられた、日本近代駅舎建築の第一人者です。

平成23年(2011年)には、国の登録有形文化財に指定。

また、大阪市「生きた建築ミュージアム・大阪セレクション」に選定されています。

 

ikenchiku.jp

「生きた建築ミュージアム・大阪セレクション」として、50の建築物が選定されているんですね。

毎年秋に、対象建築物が無料公開されるフェスティバルも開催されているみたい。

セレクションめぐりも面白そうですね。

 

P1020909

 

P1020912

 

P1020913

古代ギリシア建築様式の一つ、コリント様式が採用され、外壁は上品な風合いのテラコッタタイルで覆われています。

 

P1020914

柱頭の装飾には、コリント様式の特徴であるアカンサス(和名:ハアザミ)の葉が象れています。

 

P1020915

ビルのメインテナントは髙島屋大阪店

昭和7年のビル開業時から営業をしていて、当時は南海タカシマヤと呼ばれていたそうです。

また、全館冷暖房を完備した日本初の百貨店になるんですって。

 

P1020911

 

南海ビルディングから戎橋筋商店街の方へ、ブラブラ散策を再開です。

 

P1020905

 

P1020917

 

551蓬莱・本店

P1020918

www.551horai.co.jp

戎橋筋商店街、こちら551蓬莱・本店です。

辺りは、大阪人のソウルフード豚まんの良い香りに包まれております。

(大阪では、具材を正確に表す観点から、肉まんを豚まんと呼びます。)

 

ところで、なぜ551っていうのでしょうか?

ホームページによれば、・・・

  • 昭和20年(1945年)の創業後、創業者・羅邦強さんが、もっと覚えてもらえるような店名はないかなと考えていたところ、英国産のタバコ555(スリーファイブ)を目にして、アラビア数字なら、万国共通で覚えやすくてエエんちゃうん?
  • 当時の本店の電話番号が64-551だったので、551でエエんちゃうん?
  • 「味もサービスもここいちばん」551でエエんちゃうん?

みたいな感じで、551となったそうです。

 

時間はちょうどお昼時。

テイクアウト中心なので回転は早いのですが、GWでいつもに増しての大行列!

家を出た時から、今日のランチはここ!って決めていたお店がありまして、豚まんの誘惑に必死に抵抗です。

 

そうそう、大学の先輩の話を思い出しました。

その先輩は、551蓬莱でアルバイトをされていて、豚まんづくりの担当。

1日に約3,000個の豚まんを作っていて、豚まんに追いかけられる夢をよく見ると言っていました。

ちなみに、551蓬莱の全店舗で販売される豚まんは、1日あたり約17万個にもなるそうでよ。 

 

豚まんの誘惑を何とか振り切って、ランチのお店に向かいながら、戎橋筋商店街をブラブラと。

 

P1020920

 

 

P1020925

 

今回はこの辺で。

次回、2019年GW大阪ぶらり散策続きます。

 

ではでは。

 

1.ホテルロイヤルクラシック大阪 2.南海ビルディング 3.551蓬莱・本店

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

大阪・堂島川リバーサイドへ - vol.2 - 2019春 ダイビル本館

 

結局今年のGWは、ほぼお家で過ごしました。

連休明けの昨日から、久しぶりの出勤。

疲労感の割に、お仕事は遅々として進まず。。。

連休中、ダラダラとしすぎて、体がなまっちゃったみたいです。

 

さてさて、2019年GW大阪ぶらり散策、前回の続きです。

大阪・梅田へ - vol.3 - 2019春 阪急阪神百貨店 踊るうどん - 旅とカメラとわたしと。

shinobu-natsume.hatenablog.jp

 

P4280354

 

P4280361

 

P4280377

 

P4280381

 

P4280386

 

梅田をブラブラした後は、堂島川沿いのほたるまちへ。

朝日放送テレビ本社リバーデッキ大階段を見ることができました。

 

お次は、ほたるまちに向かう玉江橋から眺めていました、ダイビル本館に向かうことに。

 

P4280373

こちらは玉江橋から撮影した写真。

写真の右側手前に大阪大学中之島センター、その奥の高い建物が関西電力本店ビルで、その左奥に見えるのがダイビル本館です。

 

ほたるまちから、堂島川北側の緑道を東へ進みます。

 

P1020894

緑道には、Red & Blue Street のサインが。

ほたるまちのジャズ・レストラン Red & Blueにちなんで、ネーミングライツによって緑道に命名された愛称みたい。

(Red & Blueは、2018年4月に閉店したようです。)

 

目指すダイビル本館に近づいてきました。

P1020896

 

P4280396

茶色のレンガ造りの低層部に、インテリジェントビルの高層部。

 

そこで思い出したのが、神戸のこちらのビル。

DSCF3134

 

神戸旧居留地3番の海岸ビルです。

大正7年(1918年)、建築家・河合浩蔵さんにより、旧三井物産神戸支店として建設されましたが、1995年の阪神淡路大震災で全壊。

平成10年(1998年)の改修に際して、全壊時に保管されていた外壁等が低層部に再構築され、上層部に現代的なビルが建築されました。

 

shinobu-natsume.hatenablog.jp

 

ダイビル本館も同様で、新旧建築物の合体みたいで面白いですよね。

 

堂島川に架かる田蓑橋を渡って、ダイビル本館に到着です! 

 

ダイビル本館

 

P4280403

 

振り向けば、ほたるまちの建物群。

こちらも良い眺めです。

P1010342

 

P1010345

ダイビル本館<オフィスビル大阪>|ダイビル株式会社

平成25年(2013年)に竣工したダイビル本館

建設にあたり解体されたダイビルは、大正14年(1925年)、渡辺節(わたなべ せつ)さんが設計監督を、門下の村野藤吾(むらの とうご)さんが製図主任をそれぞれ担当し、建設されました。

ネオ・ロマネスク様式が採用され、大阪ビルヂング本館、または大阪商船ビルディングと呼ばれたそうです。

東京の先代丸の内ビルディング(通称丸ビル)神戸旧居留地商船三井ビルディングとともに、大正時代の大規模オフィスビルの代表的建築物。

ちなみに当時の姿で現存するビルは、商船三井ビルディング(旧大阪商船神戸支店)のみで、同じく渡辺節さんが設計しています。

 

商船三井ビルディング(旧大阪商船神戸支店)

P5052145

商船三井ビルディングも、こちらのブログでご紹介していますので、ぜひ。

shinobu-natsume.hatenablog.jp

 

P4280397

ダイビル本館の低層部は、旧ダイビルの外装に使われていたレンガの約80%(約18万個!)が利用され、石材の装飾も可能な限りリユースされています。

18万個のレンガの取り外しに約2ヶ月モルタルの取り外しと洗浄に約5ヶ月かかっているそうですよ。

 

P4280402

 

P1010347

 

P1010349

 

P1010348

 

P4280400

 

P4280405

 

P4280406

 

正面玄関

P4280412

正面玄関は、 大正14年の旧ダイビル建設当時の姿。

 

P4280411

 

P4280413

玄関上部に掲げられる「鷲と少女の像」

彫刻家・大国貞蔵(おおくに ていぞう)さんの作品で、大阪市有形文化財に指定されています。

 

P4280408

 

P4280415

 

P4280414

 

P4280409

 

老朽化、耐震性などの問題から、建物は取り壊される運命にあるのでしょうが。

再利用などの現代の技術で、可能な限り、その姿をとどめた建築が増えていけば良いですね。

 

今回はこの辺で。

次回、2019年GW大阪ぶらり散策続きます。

 

ではでは。

 

1.ほたるまち 2.Red & Blue Street  3.田蓑橋 4.ダイビル本館

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村