旅とカメラとわたしと。

カメラといっしょに旅へ。気ままに更新!

博多へ - vol.13 - 福岡 ヤフオク!ドーム 王貞治ベースボールミュージアム

 

ちょっとブログの更新が空いてしまいました。

職場が7月異動の時期で、(わたしは異動はありませんでしたが)引継ぎやらで若干バタバタしておりました。

 

気分転換にお出掛け!といきたいところですが、この土日はまた、お天気が良くない。。。

なかなかタイミングが合わないものです。

 

 

さてさて、福岡太宰府を巡る1泊2日の旅の2日目。 

 

シーサイドももち海浜公園を後にして、浜に沿って福岡 ヤフオク!ドーム方面へ。

てくてく徒歩で移動です。

 

PA214482

 

PA214488

 

ヒルトン福岡シーホーク

PA214484

www.hiltonfukuokaseahawk.jp

 

ヒルトン福岡シーホークは、1995年にシーホークホテル&リゾートとしてオープン。

地上36階、地下2階建てで、高さは143m。

米国の建築家シーザー・ペリさんの設計で、巨大な船をイメージしているそうです。

 

PA214489

 

よかトピアを渡ります。

PA214491

 

PA214493

 

PA214492

 

福岡 ヤフオク!ドーム

PA214497

www.softbankhawks.co.jp

 

福岡 ヤフオク!ドームは、福岡ソフトバンクホークスのホームグラウンド。

1993年のオープンで、日本唯一の開閉式屋根を備え、ドーム球場の広さでは日本一

 

PA214496

 

訪れたのが、2018年10月21日

ちょうど、パ・リーグクライマックスシリーズ・ファイナルステージの真っ只中。

埼玉西武ライオンズとの対戦で、パブリックビューイングが行われていました。

試合前から、ドームの周りはホークスファンの行列です!

 

PA214498

 

PA214499

 

PA214500

 

P1020409

 

今回のお目当てはこちら。

王貞治ベースボールミュージアム

PA214502

oh89.jp

 

現在は、2020年春のリニューアルオープンのため、一時休館中ですが、王貞治さんにまつわる品々を展示する記念館です。

 

野球に詳しいわけではないですが、2006年の第1回WBCワールド・ベースボール・クラシック)以来、王貞治さんの大ファンです!

 

PA214501

 

PA214505

 

P1020379

王貞治さんのご実家は、東京・墨田区中華料理店「五十番」

館内は、当時の東京の下町がモチーフとなっていました。

 

P1020385

 

P1020386

 

P1020387

 

P1020388

 

P1020389

 

P1020390

 

日本初の国民栄誉賞の表彰盾

P1020391

 

世界記録756号ホームランの記念バット

P1020403

 

ミュージアムからグラウンドを一望することができました!

P1020397

 

メチャメチャ広いです!

P1020405

 

P1020400

 

P1020406

 

P1020407

 

ミュージアム、とっても良かったです。

2020年春まで一時休館中ですので、ご注意ください。

(場所もドームから移転するみたいです。)

 

ミュージアムを出た後は、ドームにある「暖手の広場」へ。

各界の有名人から直接かたどった、手形のモニュメントがずらりと並んでいます。

 

王貞治さんと握手

P1020414

 

藤子・F・不二雄さんと握手

P1020410

 

藤子不二雄Aさんと握手

P1020411

 

時間はちょうどお昼の12時。

お腹がペコペコです。

 

今回はこの辺で。

次回、ランチを求めて博多・祇園方面へ移動です。

 

ではでは。

 

1.ヒルトン福岡シーホーク 2.福岡 ヤフオク!ドーム

 

博多へ - vol.12 - 福岡タワー シーサイドももち海浜公園

 

6月も残り1週間ほど。

今年もあっという間に半分終わっちゃうんですね〜。

 

お仕事、プライベートのそれぞれで立てた今年の目標。

(大きな目標ではないけど)このペースだと、達成は難しそう。。。

何とか後半で巻き返しを図ります!(無理はしないけど)

 

 

さてさて、福岡太宰府を巡る1泊2日の旅の2日目。

 

福岡市博物館で国宝の金印を見学した後は、再びサザエさん通りに沿って、シーサイドももち海浜公園を目指します。

 

PA214444

 

おっ!

福岡タワーが見えてきました!

 

PA214441

 

福岡タワー

PA214449

 

PA214446

www.fukuokatower.co.jp

 

福岡タワーは、平成元年(1989年)、アジア太平洋博覧会よかトピアのモニュメントとして建設。

今年開業30周年を迎えます。

全長234mで、海浜タワーとしては日本一となるそうです。

 

PA214453

 

PA214455

約8,000枚のハーフミラーで覆われた正三角柱。

関西風に言うと、シュッとした細身で、カッコ良いですね〜。

 

PA214456

 

 

続いては、福岡タワーのすぐ近く、シーサイドももち海浜公園へ。

 

シーサイドももち海浜公園

PA214461

marizon-kankyo.jp


PA214477

 

Marizon(マリゾン)

PA214458

marizon.co.jp

 

こちらは、海浜公園内にあるMarizon(マリゾン)

レストラン、ショップ、結婚式場などを備えるオーシャンリゾートです。

 

PA214467

 

PA214469

 

PA214463

 

 

ビーチをブラブラと。 

PA214465

 

PA214466

 

PA214480

 

PA214472

福岡 ヤフオク!ドームヒルトン福岡シーホークが見えます!

 

今回はこの辺で。

次回、ドーム方面へ向かいます。

 

ではでは。

 

1.福岡タワー 2.シーサイドももち海浜公園 3.Marizon(マリゾン)

 

博多へ - vol.11 - サザエさん通り 福岡市博物館

 

先日、夏を前に、髪をショートにカットしました。

数日は(われながら)良い感じだったのですが、梅雨に入って、髪がハネまくっています・・・。

毎朝、鏡に向かって悪戦苦闘の今日このごろです。

 

さてさて、福岡太宰府を巡る1泊2日の旅の2日目。

 

大濠公園を後にして、 福岡タワーや、福岡 ヤフオク!ドームのあるシーサイドももちへ向かいます。

またまた福岡市地下鉄に乗って、大濠公園」駅から、2駅お隣の「西新」駅で下車。

 

 

駅構内で、サザエさん通りの案内表示を発見!

P1020370

 

はて?サザエさん通りって?

 

www.city.fukuoka.lg.jp


調べてみると、サザエさんの作者・長谷川町子さんは福岡育ち。

 

今は埋め立てられていますが、かつて百道(ももち)海岸と呼ばれていた海岸を散歩しながら、サザエ、カツオ、ワカメ、・・と、海にちなんだキャラクターの名前を思い付かれたそうです。

 

サザエさんゆかりの地として、2012年に、福岡市早良区・脇山口交差点から、シーサイドももち海浜公園入口までの約1.6kmの通りがサザエさん通り命名されました。

 

通りには、キャラクターの銅像や記念碑などが並んでいます。

 

f:id:shinobu-natsume:20190616093722j:plain

 

サザエさん通り」は、(行ったことはありませんが)東京都世田谷区の桜新町商店街しか知りませんでしたが、同じく福岡市早良区に「サザエさん商店街通り」があるみたい。

 

桜新町商店街

 

「サザエさん商店街通り」開通記念にパレードとウォークラリーを開催(1/29) | 西新商店街公式ホームページ|福岡市早良区西新

 

駅を出ると、早速サザエさんが道案内をしてくれます。

P1020371

 

PA214431

 

PA214430

 

 

通りの途中に、西南学院大学

 

西南学院大学

PA214425

www.seinan-gu.ac.jp

 

西南学院大学は、1916年、アメリカ人宣教師のC.K.ドージャーさんによって創立された九州を代表するミッション・スクール。

 

PA214429

 

大学図書館

PA214423

カッコ良い図書館ですね。

こちらの図書館は、2018年、「福岡県美しいまちづくり建築賞の一般建築の部」大賞を受賞しています。

 

PA214424

 

図書館前で、ひそひそ話のサザエさんとフネさん。

P1020373

 

サザエさん通りをてくてくとお散歩。

シーサイドももちの前に少し寄り道をして、福岡市博物館へ。

教科書に載っていた超有名な金印(漢委奴国王印が展示されています。

これは行かねば!

 

 

PA214432

 

福岡市博物館

PA214433

museum.city.fukuoka.jp

 

福岡市博物館は、平成2年(1990年)に開館。

約50,000㎡の広〜い敷地に、立派な建物。

国宝の金印(漢委奴国王印や、福岡藩主・黒田家の名宝が常設展示されています。

 

PA214435

 

PA214438

 

P1020375

 

金印(漢委奴国王印

P1020378

 

こちらが、国宝の金印漢委奴国王印・かんのわのなのこくおうのいん)

 

印象は、教科書で見ていたイメージより小っちゃい!

大きさは縦・横2.3cm、重さ108g。

このサイズで、精巧な細工が施されていて、技術に感心です。

 

「かんの・なのわの・・?」、「かんの・わのなの・・?」、どっちなの?って思いながら暗記していたのを思い出しました・・・。

 

今回はこの辺で。

次回は、シーサイドももちへ。

 

ではでは。

 

博多へ - vol.10 - 大濠公園

 

この土日は、全国的に大荒れの天気。

お出掛けできなくて残念ですが、積読本と向き合うことにします。

 

さてさて、福岡太宰府を巡る1泊2日の旅の2日目。

 

筥崎宮九州大学箱崎キャンパス跡地を訪れた後は、大濠公園へ。

福岡市地下鉄に乗って、箱崎九大前」駅から大濠公園」駅で下車です。

 

 

大濠公園(おおほりこうえん)

P1020369

www.ohorikouen.jp

 

大濠公園は、福岡市のほぼ中央にあり、総面積約40万㎡(うち約23㎡の池)を誇る水景公園。

元々は、福岡藩初代藩主・黒田長政福岡城を築城した際に、この地を外濠として利用したことが始まり。

昭和2年(1927年)に開催された東亜勧業博覧会で造園工事が行われ、昭和4年(1929年)、県営公園として開園。

 

f:id:shinobu-natsume:20190615100137p:plain

 

街の真ん中にあって、まさにオアシスといった趣です。

時間は、午前8時半。

お天気も良くて、朝の公園はとても清々しいですね。

 

PA214380

 

PA214374

 

PA214376

周回園路をジョギングするランナーもチラホラ。

気持ち良さそうです。

 

PA214378

 

白鳥ボートの準備中。

白鳥たちは、午前10時からお仕事開始みたいです。

PA214383

 

ボートハウス大濠パークのテラスからの眺め

PA214386

 

中の島に架かる観月橋

PA214388

 

PA214392

 

PA214399

 

 

白鳥ボートは準備中ですが、・・・

PA214400

 

カモさんたちは、もう営業開始のようですね。 

PA214401

 

PA214403

 

浮見堂を目指して、観月橋を渡ります。

PA214406

 

PA214411

 

浮見堂

PA214414

 

PA214415

 

PA214417

 

早起きは三文の徳。

朝から、ゆったり素敵な時間を過ごせました。

 

今回はこの辺で。

 

ではでは。

 

博多へ - vol.9 - 九州大学・箱崎キャンパス跡地

 

昨日、こちら福井は降ったり止んだりのお天気。

激しい雨が降って、梅雨というより夏の夕立みたいな感じでした。

今年の夏も暑いんでしょうか。

 

さてさて、福岡太宰府を巡る1泊2日の旅。 

 

2日目は、早朝に筥崎宮へご参拝。

 

続いて、すぐ近くの九州大学箱崎キャンパス跡地へ向かいます。

福岡市地下鉄箱崎宮前」駅のお隣、箱崎九大前」駅で下車です。

 


九州大学箱崎キャンパス跡地

PA214365

 

正門

PA214362

 

www.kyushu-u.ac.jp

 

九州大学は、慶応3年(1867年)に設立された医学教育を行う福岡藩校・賛生館を起源とする国立大学で、旧帝国大学の一つ。

 

キャンパスは、伊都キャンパス、病院キャンパス、筑紫キャンパス、大橋キャンパス、別府キャンパスに分かれていますが、2018年9月に箱崎キャンパスから伊都キャンパスへの移転が行われました。

キャンパス移転後も、一部建物については保存される計画のようです。

 

旧工学部本館

PA214361

旧工学部本館は、昭和5年(1930年)の建築。

現在は、総合研究博物館等として使用されています。

 

PA214343

 

PA214351

 

PA214354

 

PA214358

 

PA214355

 

PA214356

 

PA214357

 

本部第一庁舎

PA214346

本部第一庁舎は、大正14年(1925年)の建築。

 

PA214348

 

 

これまで、何度か大学のキャンパスや関連施設についてご紹介しましたが、・・・

 

大学は、歴史のある建築物があって、緑も多くて、とっても楽しく散策出来るんですよね〜。

大学生の頃には感じていなかったけど、卒業してみると、良い環境で過ごしていたんだと実感します。

 

 

PA214369

 

今回はこの辺りで。

 

ではでは。

 

博多へ - vol.8 - 筥崎宮

 

こちら福井は、6月7日に梅雨入り。

ど~んよりとした雲が広がっています。

 

さてさて、福岡太宰府を巡る1泊2日の旅。

2日目でございます。 

 

博多の屋台で締めくくった1日目。

普段はお酒を飲まないわたしですが、ビールをいただいて、倒れ込むように就寝。

グッスリ休んで、6時前に起床、2日目のスタートです!

 

博多駅

P1020367

まだ夜明け前。

 

まずは、日本三大八幡宮に数えられる筥崎宮(はこざきぐう)へ。

 

福岡駅から、福岡市地下鉄に乗って、箱崎宮前」駅で下車。

 

 

PA214305

 

筥崎宮(はこざきぐう)

PA214309

 

筥崎宮は、(諸説あるみたいですが)延長元年(923年)に創建。

筥崎宮八幡宮とも呼ばれ、京都府八幡市石清水八幡宮大分県宇佐市宇佐八幡宮とともに、日本三大八幡宮の一つです。

福岡ソフトバンクホークスが、毎年シーズン前にご祈祷を行う「必勝祈願祭」も有名ですね。

 

www.hakozakigu.or.jp

 

一之鳥居

PA214311

 

PA214336

朝の境内は凛として、とっても清々しい気分になりますね。

 

PA214315

 

お潮井浜の真砂

PA214316

筥崎宮前の海岸の真砂(まさご)は、お潮井(おしおい)と呼ばれ、振りかけて身を清めます。

 

湧出石

PA214319

触れると運が湧き出るといわれている湧出石(わきでいし)

また、「国に一大事があるとき、地上に姿を現す」との言い伝えがあるそうです。

 

PA214322

 

御神木の筥松

PA214325

 

PA214327

 

PA214332

 

楼門

PA214333

楼門は、筑前領主・小早川隆景により、文禄3年(1594年)に再建。

国の重要文化財に指定されています。

 

PA214334

「敵国降伏」の扁額が掲げられています。

ちょっとドキッとするフレーズですが、元寇の際に、亀山上皇の祈願によって掲げられたそうです。

 

旅の無事をしっかりとお祈り。

 

筥崎宮へのご参拝の後、箱崎をブラブラします。

今回はこの辺で。

 

ではでは。

 

博多へ - vol.7 - 夜の博多駅

 

暑い日が続きますね。

 

平年では、こちら北陸はあと1週間ほどで梅雨入りでしょうか。

涼しい雨が恋しいです。

 

さてさて、福岡太宰府を巡る1泊2日の旅。

 

博多の屋台で、普段は飲まないビールを1杯いただいて、ほろ酔い気分。

朝が早かった1日目はこれにて終了。

 

2日目に備えて、宿泊先の博多駅近くのホテルへ千鳥足で向かいます。

 

 

天神地下街

P1020345

人もまばらで、夜も雰囲気があって素敵です。

 

 

博多駅

P1020348

 

おっ!イルミネーションっぽい光が。

P1020347

 

www.walkerplus.com

 

訪れたのが10月20日で、JR博多シティの恒例イベント「光の街・博多」のライトアップの準備が行われていました!

 

これはシャッターチャンスと、ビールを飲んで眠気MAXでしたが、バシャバシャ撮ってみました。

 

P1020350

 

P1020351

 

P1020354

 

P1020355

 

P1020357

 

P1020358

 

P1020359

 

P1020362

 

P1020364

 

福岡、太宰府を巡る1泊2日の旅の1日目。

気ままなブログ更新で、1ヶ月以上掛かってしまいました・・・。

 

次回、旅の2日目へ続きます。

 

ではでは。