旅とカメラとわたしと。

カメラといっしょに旅へ。気ままに更新!

福井市 - vol.2 - 柴田神社

 

この土日、休日出勤となってしまいました。。。

あぁ〜、パーッとどこかへ行きたいな〜。

 

 

さてさて、わたしの暮らす福井市のご紹介、前回の続きです。


JR福井駅を後にして、駅西側へ。

 

P1020208

 

ガレリア元町商店街

P1020210

元町商店街協同組合 | 福井市商店街連合会

 

P1020211

 

福井駅に引き続き、ここにも恐竜が出没!

 

 

西武福井店

P1020216

 

西武福井店は、県内唯一のデパート。

地元では、「だるまや西武」と呼ぶ方が多いです。

 

はて、だるまや、とな?

 

西武福井店は、昭和3年(1928年)創業の地元資本のデパート「だるま屋」を発祥とします。創業者の坪川信一さんが、だるまに似ていたことから、この商号になったそうです。

第二次世界大戦中、昭和20年(1945年)の福井空襲で、店舗は全焼。

戦後、昭和23年(1948年)に復興し、新店舗が完成!

しかし、1ヶ月も経たないうちに、福井地震が発生し、倒壊してしまいます。

福井地震は、M7.1の都市直下型の地震で、東日本大震災阪神・淡路大震災に次いで、戦後3番目の規模の震災。

しかししかし、だるま屋は、被災直後から仮店舗で営業を継続し、昭和28年(1953年)に新店舗を竣工!!

地元の人々にとって、戦災、震災の苦難を乗り越えて、七転び八起きで立ち上がるだるま屋さんは、復興の希望だったんじゃないでしょうか。

今でも「だるまや西武」と呼ばれ、愛されているように思います。

 

ちなみに、福井のお買い物事情を少し。

現在、福井県内には、イオン、イトーヨーカドーともにありません。。。

イオンにいたっては、出店のない全国唯一の県だそうです。

(2年前に、福井市から車で約1時間程の石川県小松市に、イオンモール新小松がオープンし、ちょっと事情が変わってきました。県を越えて福井県民が押し寄せているようで、駐車場は福井ナンバーの車でいっぱいです。)

 

では、福井では普段のお買い物をどうしているのか?

県内最大の売場面積を誇る、ショッピングモール・エルパ(Lpa)があります!!

 

福井最大級のショッピングモール - ラブリーパートナー エルパ

 

Lpaは、Lovely partnerの略で、休日には3500台分の駐車場が満車となり、空き待ちの車で行列ができるほどの集客力を誇ります。

県内で一番人が集まるスポットだと思います。

休日に行くと、職場の方などの知り合いに確実に会うこととなるので、最低限のお化粧をしておく必要があって、決して油断のならない場所でもあります。

(これ、エルパあるあるです。)

 

少し脱線いたしました。

西武福井店周辺のブラブラ散歩に戻ります。

 

P1020212

 

100年時計

P1020214

 

P1020215

 

 

さて、柴田神社を目指して、南へ。

 

 

柴田神社

P8212665

www.sibatajinja.jp

 

柴田神社は、戦国武将の柴田勝家と妻のお市の方が祀られている神社。

この地には、かつて柴田勝家が築城した北ノ庄城があり、現在は北ノ庄城址・柴田公園として整備され、敷地内に柴田神社が再建されたそうです。

北ノ庄城は、天正3年(1575年)に築城。9層の天守閣を持つ、当時日本最大級の巨城だったそうですが、天正11年(1583年)、賤ヶ岳の戦いに敗れた柴田勝家が、お市の方と自害し、城に火を放ち、焼失してしまいました。

 

柴田勝家の像

P8212676

 

「鬼柴田」との異名を持つ、柴田勝家

いかつい顔をされています。。。

 

 

お市の方の像

P8212668

 

こちらは、柴田勝家の妻、お市の方です。

織田信長の妹で、近江の武将・浅井長政の継室となった後、柴田勝家正室となりました。

 

P8212667

 

お市の方は、絶世の美女だったと云われており、美(モテ)祈願ができちゃいます!!

あやかりたい、あやかりたい。

 

 

三姉妹の像

P8212669

 

同じ敷地内にある三姉妹神社には、浅井長政お市の方の娘、茶々豊臣秀吉の側室、淀殿)、の三姉妹が祀られています。

写真は、左から、茶々、江、初です。

 

 

拝殿

P8212671

 

P8212672

 

瓶割祈願(かめわりきがん)

P8212673

 

長光寺の戦いで兵糧攻めにあった勝家が、「生きて帰る我らには、備蓄用の水など不要じゃ〜」と水瓶を次々とたたき割って、家臣を鼓舞し、勝利を納めたそうな。

そんなエピソードにあやかって、瓶割祈願をすることができます。

 

P8212674

 

物の見事に粉々ですね〜。熱い祈願を感じます。

 

 

参拝の後は、近くの商店街をブラブラと。

 

サンロ-ド北の庄商店街振興組合 | 福井市商店街連合会

 

P8212677

 

P8212680

 

雰囲気があって、良いですね〜。

 

P8212681

 

P8212682

 

P8212683

 

P1020246

 

今回は、この辺で。

次回、福井城址に向かいます。

 

ではでは。

 

1.ガレリア元町商店街 2.西武福井店 3.柴田神社

4.サンロード北の庄商店街

 

福井市 - vol.1 - 福井駅

 

「旅とカメラとわたしと。」というブログ名ですが、

今回は「旅」ではなく、わたしの暮らす福井市を紹介いたします。

 

大阪生まれ、大阪育ちのわたしが、就職して福井市に住むようになって、もうすぐ6年が経とうとしています。(時の流れは早いものです。)

 

最初は、慣れない福井弁に手こずりましたが、

優しい人ばかりで、お米、海の幸など、美味しいものがいっぱいで、

幸せな福井ライフを満喫しています!!

 

まずは、福井市の玄関口、JR福井駅からご紹介。

昨年8月のお盆休み明け、駅周辺をブラブラお散歩した時の写真となります。

 

そうそう、最初にお断りしておきます。

駅は、恐竜まみれです。

 

 

 

JR福井駅 駅東口

P1020186

 

JR福井駅は、北陸新幹線金沢〜敦賀延伸2022年開業予定に向けて、工事が進められています。

♪ は〜や〜く、来い来い、新幹線 ♫

 

 

駅改札

P1020189

 

切符にハサミを入れる駅員さん!!

P1020238

福井県は、JR西日本管轄ですが、管内2府16県で唯一、自動改札機のない県でした。

初めて福井に来たとき、とってもびっくりしました!!

 

しかししかし、昨年9月8日、福井駅敦賀駅で、自動改札機の運用がスタート!

 

福井では、大きなニュースとなりました。

www.fukuishimbun.co.jp

 

個人的には、駅員さんのハサミ入れ、風情があって好きだったんですけどねぇ〜。

 

 

改札を出ると、恐竜たちによる怒涛の大歓迎がはじまります。

 

 

ベンチに座る恐竜博士

P1020190

 

駅の壁を埋め尽くす恐竜たち

P8212693

 

駅の壁をぶち破る恐竜

P1020235

 

駅は、完全に恐竜の支配下にあります。。。

 

駅西口ロータリー

P1020192

 

 

ハピリン(Happiring)

P1020193

www.happiring.com

 

ハピリンは、2016年4月28日に開業した複合施設。

地上21階建、高さ約90メートルで、福井県内で最も高い建築物です。

(7階より上は、マンションです。)

飲食店、観光物産館、観光案内所などがテナントとして入り、能楽堂プラネタリウムも備えています。

 

P1020203

 

P1020195

 

P1020198

 

駅西口ロータリー横の恐竜広場へ移動。

こちらには、動く恐竜の実物大モニュメントが3体。 

 

恐竜広場

フクイティタン  

P8212685

 

フクイラプトルとフクイサウルス

P8212690

写真左がフクイラプト、右がフクイサウルスみたいです。

 

 

P8212687

 

どうですか?

ものすごい恐竜推しでしょ!!

恐竜の化石がいっぱい発掘されていることから、福井県「恐竜王国福井」を強くPRしています。

 

ゆるキャラのラプトくん

P8212689

www.juratic.jp

 

夜はこんな感じです。

P1020247

 

今回は、この辺で。

次回、福井駅周辺をブラブラします。

 

ではでは。

 

大阪・中之島へ 大阪市中央公会堂

 

今冬の福井市内は、雪の影響がほとんどなく、雪かきをまだ一度もしていません。(今のところ。)

昨冬の大雪が嘘だったみたいに思えちゃうほどです。

 

さてさて、一昨年2017年夏の大阪への帰省、前回の続きです。 

 

北浜を後にして、中之島へ。

中之島は、堂島川土佐堀川に挟まれた中洲で、緑いっぱいの中之島公園や、大阪市中央公会堂もあって、まさに街のオアシスといった感じ。

大好きな場所であります。

 

土佐堀川に架かる橋の向こう、大阪市中央公会堂が見えてきました!!

 

P1010161

 

P1010162

 

P1010163

 

P1010164

 

川辺は、やっぱり気持ちいいですよね〜。

 

 

大阪市中央公会堂

P1010165

 

osaka-chuokokaido.jp

 

大阪市中央公会堂は、早稲田大学教授の岡田信一郎さんの設計原案をもとにして、辰野金吾さん片岡安さんが実施設計を行い、大正7年(1918年)に竣工。

辰野金吾さん、本当にたくさんの建築を手がけられたんですね〜。

今回、写真は撮れなかったんですが、近隣の淀屋橋にある日本銀行大阪支店旧館も、辰野さんの設計みたいです。

 

日本銀行大阪支店旧館

R0010089

上の写真は、2013年にGR DIGITALで撮影した、日本銀行大阪支店旧館

GR DIGITALは、スナップ写真が好きになって、初めて買ったお高めのカメラ。

中古品でしたけど、社会人に成りたてのわたしには高価なカメラで、バシャバシャ写真を撮りまくったなぁ〜。すっごく懐かしいです。

 

さて、大阪市中央公会堂の写真の続きを。

 

P1010167

 

P1010168

 

P1010170

 

建物正面に回って。

 

P1010171

 

P1010172

 

やっぱり立派で、エレガントな外観ですよね。

ネオ・ルネサンス様式と呼ばれるそうです。

 

公会堂の公式HPによれば、建築費用は、株式仲買人の岩本栄之助さんの私財みたいで、総工費は現在の貨幣価値で、数十億円とのこと。

昔のお金持ちは、スケールが違いますね。

 

P1010173

 

P1010174

 

今度は、すぐお隣の大阪府中之島図書館へ。

 

P1010178

 

大阪府中之島図書館

P1010179

中之島図書館の概要 - 大阪府立図書館

 

大阪府中之島図書館の本館部分は、野口孫市さんの設計により、明治37年(1904年)に竣工。

 

P1010181

正面は、ギリシア神殿を彷彿とさせます。

 

P1010182

 

P1010183

 

中之島をブラブラと。

 

大阪市役所

P1010186

 

淀屋橋

P1010188

 

P1010191

 

P1010192

 

梅田〜ミナミ(心斎橋・道頓堀)〜北浜〜中之島と、大阪夏の帰省の様子をご紹介しましたが、約5ヶ月を費やしてしまいました・・・。

お付き合いいただき、ありがとうございました!

 

ではでは。

 

1.大阪市中央公会堂 2.大阪府中之島図書館 3.大阪市役所

4.淀屋橋 5.日本銀行大阪支店旧館

 

 

大阪・北浜へ レトロビル 適塾

 

めちゃめちゃ久しぶりのブログ更新でございます。

 

前回アップが、何と、2018年9月!!

約5ヶ月空いてしまいました・・・。。

 

この期間、本当にお仕事が忙しくて、バタバタと過ごす毎日。

 

仕事の合間の息抜きに、気分転換と称して、あちこちお出かけして、

パシャパシャと写真は撮っていましたが、なかなかブログまでは手が回らず・・。

 

仕切り直しで、マイペースで更新できればと思いますので、

お付き合いいただけましたら、幸いです。

 

 

さてさて、久しぶり過ぎて、いつのことだが忘れそうですが・・・。

一昨年2017年夏、大阪帰省の続きです。。

 

北浜中之島淀屋橋周辺は、近代建築がたくさん残っており、

個性的なビルが現役バリバリで頑張っています!

 

レトロビルを探して、北浜をブラブラします。

 

 

大阪取引所(旧大阪証券取引所 

P1010135

 

わたしにとって、北浜といえば、やっぱりこちら!

大阪証券取引所です。

大阪証券取引所の起源は、江戸時代初期、米取引に遡ります。

諸藩の年貢米が天下の台所・大坂に集まり、堂島米市場で取引されました。

(堂島は、大川を挟んで北浜の対岸となりますが。)

堂島米市場は、「世界初の先物取引所」とされているそうな。

 

大阪証券取引所は、長谷部竹腰建築事務所により、昭和10年(1935年)に竣工。

 

P1010134

 

正面には、五代友厚像。

五代友厚は、大阪近代経済の立役者ですが、大阪証券取引所の前身となる、大阪株式取引所の設立にも尽力したそうです。 

 

 

新井ビル

P1010136

大阪 北浜 新井ビル 公式サイト

河合浩蔵さんの設計により、旧報徳銀行大阪支店として、大正11年(1922年)に竣工。 

 

 

高麗橋野村ビルディング

P1010137

安井武さんの設計により、昭和2年(1927年)に竣工。

 

 

カフェも、お洒落な外観ですな。 

P1010142

 

 

日本基督教団浪花教会

P1010143

昭和5年(1930年)に竣工した、プロテスタント教会

このブログで何度かご紹介しましたが、ウィリアム・メレル・ヴォーリズさんが設計指導されたそうです。

 

 

高麗橋ビルディング

P1010145

辰野金吾さん片岡安さんの設計により、旧大阪教育生命保険ビルとして、明治45年(1912年)に竣工。

赤レンガの外壁は、THE・辰野金吾ですね。

 

P1010144

 

 

北浜の南隣、道修町(どしょうまち)へ。

 

道修町は、製薬会社、薬問屋が集中する、「くすりの町」です。

商業政策として、豊臣秀吉がこの地に薬業者を集めたことが始まりみたいです。

武田田辺塩野義道修町でうまれ、道修町御三家」とされています。

 

 

武田道修町ビル

P1010139

現・武田薬品工業の旧本社ビルとして、松室重光さんの設計により、昭和3年(1928年) に竣工。

 

P1010141

 

北浜に戻って、適塾を目指します。 

 

適塾周辺には、大坂町人によって設立された懐徳堂跡 、愛珠幼稚園などがあり、「大阪の学び発祥の地」と案内されています。

 

P1010150

 

 

大阪市立愛珠幼稚園(あいしゅようちえん)

P1010147

大阪市立愛珠幼稚園は、明治13年1880年)の創設。

大阪では最も古い、また日本でも3番目に古い幼稚園です。

木造園舎では、日本最古となるそうです。

 

P1010149

 

 

適塾

P1010155

適塾 — 大阪大学

 

適塾は、天保9年(1838年)、緒方洪庵によって設立された蘭学塾で、大阪大学の原点とされています。

福澤諭吉大村益次郎橋本左内などを輩出し、約1,000人の塾生が学んだそうです。

 

P1010154

 

残念ながら、わたしが訪れたときは修復中で、見学はできず・・・。

次の機会のお楽しみとします。

 

P1010152

 

P1010158

 

P1010159

 

次回、中之島へ向かいます。

(また、期間がめっちゃ空いたりして・・・。)

 

ではでは。

 

1.旧大阪証券取引所 2.新井ビル 3.高麗橋野村ビルディング

4.日本基督教団浪花教会 5.高麗橋ビルディング 6.武田道修町ビル

7.大阪市立愛珠幼稚園 8.適塾

 

大阪・ミナミへ 心斎橋〜道頓堀

 

こちら福井は、雨、風とも荒れ模様の予報。

今年の夏は、土日の天候がカンカン照りか大雨か、と極端で、カメラ片手のお出掛けがあまりできませんでした。

また、新たな台風が発生しているようで、心配ですよね。

 

さてさて、昨年夏の大阪への帰省、前回の続きです。 

 

大阪駅を後にして、大阪市営地下鉄心斎橋へ。

ちょうどお昼時。

久しぶりに北極星心斎橋本店」さんでオムライスをいただくことに。

 

北極星心斎橋本店

P1010117

 

P1010115

hokkyokusei.jp

 

北極星さんは、大正11年(1922年)に洋食屋「パンヤの食堂」として大阪・汐見橋で創業。

オムレツライスを合わせたオムライス発祥のお店です。

(東の人にとっては、東京銀座「煉瓦亭」さんがオムライス発祥のお店になるみたいですが・・・)

現在の心斎橋本店は、昭和25年(1950年)に建てられた数寄屋風の建物。

写真はありませんが、ハヤシオムライスをいただきました。

純和風な空間でいただくフワフワたまごのオムライス、最高です!

 

おなかいっぱいとなり、食後の運動がてら、アメリカ村をブラブラ。

 

御津公園(三角公園

P1010121

三角公園、めちゃ久しぶりです。

敷地が三角形で「三角公園」なのですが、これは通称で、正式には御津(みつ)公園」というそうな。

今回、はじめて知りました。

 

若手の芸人さんが漫才の稽古をしていたり、たこ焼きソースのにおいが充満していたりと、大阪やなぁ〜と感じるスポットです。

 

この日は、ちょうどミニライブが開催中で、人でいっぱい。

P1010118

 

P1010125

 

P1010123

 

P1010120

 

アメリカ村から道頓堀へ移動です。

 

道頓堀

P1010127

やっぱり撮っちゃう、グリコの看板

 

P1010128

遊歩道が整備されたりと、道頓堀もキレイになりましたよね〜。

 

P1010129

 

P1010131

 

P1010130

こちらもやっぱり撮っちゃう、かに道楽

♪ と〜れとれ、ぴ〜ちぴち、かに料理〜 ♪(©キダ・タロー

 

次回、北浜へ向かいます。

 

ではでは。

 

1.北極星心斎橋本店 2.御津公園(三角公園) 3.道頓堀

 

大阪・梅田へ 大阪ステーションシティ

 

今年の夏は、何だかんだと仕事で忙しく、仕事の山を超えたかなぁと思っても、酷暑や台風でちょっとのお出掛けもままならず。。。

 

昨年の夏はどんなふうに過ごしたんだっけと写真を眺めていると・・・

そうそう!大阪に帰省しておりました。

(残念ながら、今年は結局帰れずじまい。)

 

ちょうど、マイクロフォーサーズの「Panasonic DG SUMMILUX 15mm」を買ったばかりで、新しいレンズを携えて、久しぶりに大阪をブラブラしました。

 

まずは、大阪・キタ、梅田界隈へ。

 

大阪ステーションシティ

P1010096

osakastationcity.com

 

大阪ステーションシティは、2011年にオープンしていますが、ガッツリと見てまわるのは初めて。

 

P1010097

大阪駅構内の「時空(とき)の広場」。

大阪駅のあまりの変わりように、ビックリしきりでありました。。

 

P1010098

 

P1010099

 

P1010100

 

P1010101

 

P1010103

 

P1010105

 

少し脱線いたします。

最近、大阪駅を舞台にした堂場瞬一さん『時限捜査』を読みました。

時限捜査 (集英社文庫)

時限捜査 (集英社文庫)

 

大阪駅がカバーを飾っており、思わずジャケ買いしたのですが、知った場所が描かれていると、面白さ倍増ですね!

今野敏さん佐々木譲さんなどの警察小説が好きでよく読みますが、大阪が舞台の警察小説では、黒川博行さんの初期の作品が大好きです!

軽妙な大阪弁の掛け合いがとっても面白いので、大阪弁に抵抗のない方はぜひ!

 

P1010108

 

P1010110

 

P1010111

 

グランフロント大阪

P1010109

 

P1010113

 

梅田、大阪駅のあまりの変貌ぶりに、ほとんど浦島太郎状態のわたし。。。

洗練されるのは、もちろんいい事なのですが、大阪「らしさ」が薄まってしまったようで、ちょっぴり寂しさを感じてしまいました(年齢のせい?)。

 

次回、大阪・ミナミへ向かいます。

 

ではでは。

 

大津へ 浮御堂

 

めちゃめちゃ久しぶりのブログ更新です!

 

7月末からお盆前まで、仕事でバタバタと過ごし、お盆休みには完全に夏バテ状態となっておりました。

涼しくなり、仕事も少し落ち着いてきたので、マイペースでブログ更新していこうかなと。

 

すっかり忘れてしまいそうですが、滋賀県守山市佐川美術館を訪れた前回の続きです。 

 

佐川美術館を後にして、琵琶湖大橋を渡って、お隣の大津市へ。

琵琶湖に突き出すように立つ浮御堂に向かいます。

 

 

琵琶湖大橋

P6162432

 

P6162434

 

浮御堂に到着!

P6162440

 

P6162442

 

浮御堂は、正式名称海門山満月寺」という臨済宗の禅寺です。

歴史は古く、なんと平安後期の創建で、比叡山の僧、恵心僧都によって建立されました。

 

P6162448

 

P6162478

 

松尾芭蕉の句碑

P6162452

近江八景」の一つ堅田落雁として、昔からその絶景が愛され、松尾芭蕉小林一茶高浜虚子といった俳人をはじめ、歌川広重葛飾北斎なども訪れたそうです。

写真の松尾芭蕉の句碑は、分かりづらい写りで申し訳ないですが、

 

鎖あけて月さし入れよ浮御堂

 

と刻まれています。

 

P6162460

 

P6162459

琵琶湖に浮かんでいるような浮御堂

現在のお堂は、室戸台風による被害の後、昭和12年(1937年)に再建、昭和57年(1982年)に修理されていますが、創建時の姿をそのまま残しています。

 

P6162466

 

P6162475

 

P6162504

立派なクロマツ。絵になりますね。

 

P6162502

 

P6162500

 

P6162480

 

P6162494

お堂をぐるりと一周。

板がギシギシと軋んで、ちょっと怖いかも。。

 

P6162489

目の前に琵琶湖の絶景!

風も気持ちいいです。

 

P6162488

お堂の中には、阿弥陀仏「千本仏」が安置されています。

 

P6162482

 

P6162487

 

P6162510

 

守山市・佐川美術館、大津市・浮御堂を巡る日帰り旅でありました。

ではでは。