旅とカメラとわたしと。

カメラといっしょに旅へ。気ままに更新!

大阪・ミナミへ 心斎橋〜道頓堀

 

こちら福井は、雨、風とも荒れ模様の予報。

今年の夏は、土日の天候がカンカン照りか大雨か、と極端で、カメラ片手のお出掛けがあまりできませんでした。

また、新たな台風が発生しているようで、心配ですよね。

 

さてさて、昨年夏の大阪への帰省、前回の続きです。 

 

大阪駅を後にして、大阪市営地下鉄心斎橋へ。

ちょうどお昼時。

久しぶりに北極星心斎橋本店」さんでオムライスをいただくことに。

 

北極星心斎橋本店

P1010117

 

P1010115

hokkyokusei.jp

 

北極星さんは、大正11年(1922年)に洋食屋「パンヤの食堂」として大阪・汐見橋で創業。

オムレツライスを合わせたオムライス発祥のお店です。

(東の人にとっては、東京銀座「煉瓦亭」さんがオムライス発祥のお店になるみたいですが・・・)

現在の心斎橋本店は、昭和25年(1950年)に建てられた数寄屋風の建物。

写真はありませんが、ハヤシオムライスをいただきました。

純和風な空間でいただくフワフワたまごのオムライス、最高です!

 

おなかいっぱいとなり、食後の運動がてら、アメリカ村をブラブラ。

 

御津公園(三角公園

P1010121

三角公園、めちゃ久しぶりです。

敷地が三角形で「三角公園」なのですが、これは通称で、正式には御津(みつ)公園」というそうな。

今回、はじめて知りました。

 

若手の芸人さんが漫才の稽古をしていたり、たこ焼きソースのにおいが充満していたりと、大阪やなぁ〜と感じるスポットです。

 

この日は、ちょうどミニライブが開催中で、人でいっぱい。

P1010118

 

P1010125

 

P1010123

 

P1010120

 

アメリカ村から道頓堀へ移動です。

 

道頓堀

P1010127

やっぱり撮っちゃう、グリコの看板

 

P1010128

遊歩道が整備されたりと、道頓堀もキレイになりましたよね〜。

 

P1010129

 

P1010131

 

P1010130

こちらもやっぱり撮っちゃう、かに道楽

♪ と〜れとれ、ぴ〜ちぴち、かに料理〜 ♪(©キダ・タロー

 

次回、北浜へ向かいます。

 

ではでは。

 

1.北極星心斎橋本店 2.御津公園(三角公園) 3.道頓堀

 

大阪・梅田へ 大阪ステーションシティ

 

今年の夏は、何だかんだと仕事で忙しく、仕事の山を超えたかなぁと思っても、酷暑や台風でちょっとのお出掛けもままならず。。。

 

昨年の夏はどんなふうに過ごしたんだっけと写真を眺めていると・・・

そうそう!大阪に帰省しておりました。

(残念ながら、今年は結局帰れずじまい。)

 

ちょうど、マイクロフォーサーズの「Panasonic DG SUMMILUX 15mm」を買ったばかりで、新しいレンズを携えて、久しぶりに大阪をブラブラしました。

 

まずは、大阪・キタ、梅田界隈へ。

 

大阪ステーションシティ

P1010096

osakastationcity.com

 

大阪ステーションシティは、2011年にオープンしていますが、ガッツリと見てまわるのは初めて。

 

P1010097

大阪駅構内の「時空(とき)の広場」。

大阪駅のあまりの変わりように、ビックリしきりでありました。。

 

P1010098

 

P1010099

 

P1010100

 

P1010101

 

P1010103

 

P1010105

 

少し脱線いたします。

最近、大阪駅を舞台にした堂場瞬一さん『時限捜査』を読みました。

時限捜査 (集英社文庫)

時限捜査 (集英社文庫)

 

大阪駅がカバーを飾っており、思わずジャケ買いしたのですが、知った場所が描かれていると、面白さ倍増ですね!

今野敏さん佐々木譲さんなどの警察小説が好きでよく読みますが、大阪が舞台の警察小説では、黒川博行さんの初期の作品が大好きです!

軽妙な大阪弁の掛け合いがとっても面白いので、大阪弁に抵抗のない方はぜひ!

 

P1010108

 

P1010110

 

P1010111

 

グランフロント大阪

P1010109

 

P1010113

 

梅田、大阪駅のあまりの変貌ぶりに、ほとんど浦島太郎状態のわたし。。。

洗練されるのは、もちろんいい事なのですが、大阪「らしさ」が薄まってしまったようで、ちょっぴり寂しさを感じてしまいました(年齢のせい?)。

 

次回、大阪・ミナミへ向かいます。

 

ではでは。

 

大津へ 浮御堂

 

めちゃめちゃ久しぶりのブログ更新です!

 

7月末からお盆前まで、仕事でバタバタと過ごし、お盆休みには完全に夏バテ状態となっておりました。

涼しくなり、仕事も少し落ち着いてきたので、マイペースでブログ更新していこうかなと。

 

すっかり忘れてしまいそうですが、滋賀県守山市佐川美術館を訪れた前回の続きです。 

 

佐川美術館を後にして、琵琶湖大橋を渡って、お隣の大津市へ。

琵琶湖に突き出すように立つ浮御堂に向かいます。

 

 

琵琶湖大橋

P6162432

 

P6162434

 

浮御堂に到着!

P6162440

 

P6162442

 

浮御堂は、正式名称海門山満月寺」という臨済宗の禅寺です。

歴史は古く、なんと平安後期の創建で、比叡山の僧、恵心僧都によって建立されました。

 

P6162448

 

P6162478

 

松尾芭蕉の句碑

P6162452

近江八景」の一つ堅田落雁として、昔からその絶景が愛され、松尾芭蕉小林一茶高浜虚子といった俳人をはじめ、歌川広重葛飾北斎なども訪れたそうです。

写真の松尾芭蕉の句碑は、分かりづらい写りで申し訳ないですが、

 

鎖あけて月さし入れよ浮御堂

 

と刻まれています。

 

P6162460

 

P6162459

琵琶湖に浮かんでいるような浮御堂

現在のお堂は、室戸台風による被害の後、昭和12年(1937年)に再建、昭和57年(1982年)に修理されていますが、創建時の姿をそのまま残しています。

 

P6162466

 

P6162475

 

P6162504

立派なクロマツ。絵になりますね。

 

P6162502

 

P6162500

 

P6162480

 

P6162494

お堂をぐるりと一周。

板がギシギシと軋んで、ちょっと怖いかも。。

 

P6162489

目の前に琵琶湖の絶景!

風も気持ちいいです。

 

P6162488

お堂の中には、阿弥陀仏「千本仏」が安置されています。

 

P6162482

 

P6162487

 

P6162510

 

守山市・佐川美術館、大津市・浮御堂を巡る日帰り旅でありました。

ではでは。

 

佐川美術館へ - vol.2 -

 

暑さのせいで、お出かけが億劫になっていますが、

そろそろどこかへ行きたくなってきました。

この週末、ちょっと計画してみようかと。

 

さてさて、佐川美術館、前回の続きです。 

 

www.sagawa-artmuseum.or.jp

 

いざ館内へ。

P6162371

展示室での写真撮影は禁止されているため、文章で展示の概要をご紹介。

(上手く伝えられるでしょうか?)

 

佐川美術館には、日本画家の平山郁夫さん、彫刻家の佐藤忠良(さとう ちゅうりょう)さん、陶芸家の樂吉左衞門(らく きちざえもん)さんの作品が常設で展示されています。

 

知識不足で、平山郁夫さんについては、広島で被爆され、ずっと平和を希求されたことぐらいしか知りませんでした。

「平和の祈り」、「仏教伝来」をテーマに描かれたシルクロードの風景の数々はどれも素敵で、一緒に旅をしているような気分になりました。

 

彫刻を間近で鑑賞するのは初めての経験でしたが、佐藤忠良さんの作品、とっても良かったです!

代表作となる「帽子シリーズ」が数多く展示されており、人物像の肉付きがとってもリアルで、躍動感がビンビン伝わってきました。

佐藤忠良さんは、1981年、アジア人として初めて、フランスのロダン美術館で個展を開催されるなど、国際的にも高く評価されています。

 

樂吉左衞門さんの作品、今回は時間の都合で鑑賞できず。。)

 

展示品の鑑賞を終え、館内を散策。

P1020105

 

P1020111

 

P1020115

 

P1020121

 

P1020120

 

通路の各所に設置されている木製のアンティーク家具。

「展示品?」と思いましたが、ベンチとして使われています。

P1020119

 

P1020133

 

本館を出て、樂吉左衞門館へ。

P6162386

 

P6162397

 

水庭に浮かぶ茶室

P6162400

茶室は、樂吉左衞門さん自らが、設計創案を行っています。

 

P6162403

 

P6162405

 

P6162407

 

P6162415

 

P6162411

 

P6162416

 

今回、時間の都合で、茶室見学はできませんでした。

またの機会のお楽しみにとっておこうと思います。

 

滋賀県守山市、佐川美術館を後にして、次回は大津市へ。

 

ではでは。

 

佐川美術館へ - vol.1 -

 

毎日暑〜い日が続きますね。

こちら福井も、連日35℃を超える猛暑。しかも湿度が高いので、街全体がサウナのような状態です。

ちょっとお出かけとは、なりませんよね。

 

さてさて、先月ですが、6月16日に、ずっと行ってみたかった滋賀県守山市佐川美術館を訪ねました。 

www.sagawa-artmuseum.or.jp

 

琵琶湖大橋のすぐ近くです。

 

 

佐川美術館

P1020137

 

佐川美術館は、佐川急便株式会社が創業40周年記念事業の一環として、平成10年(1998年)3月に開館。

日本画家の平山郁夫さん、彫刻家の佐藤忠良さん、陶芸家の樂吉左衞門さんの作品がコレクションされています。

 

P6162379

本館と水庭。

スケールの大きさに圧倒されます!!

 

青空、水庭の水・植物といった自然美との調和に配慮された建築は、日本建築学会2000年作品選奨など、数多くの賞を受賞しています。

 

P6162323

まるで神殿みたいな佇まい。

 

P6162341

 

P6162333

水庭には、佐藤忠良さんの作品蝦夷鹿」が展示されています。

 

P6162330

 

P6162339

琵琶湖岸に位置しているため、湖からの風を受けて、水庭にはさざ波が立っています。

 

P6162344

 

P6162431

 

P6162426

 

P6162424

 

P6162348

 

P6162353

 

P6162351

 

P6162362

 

P6162373

 

P6162419

 

建築をたっぷり堪能して、次回は館内へ。

 

ではでは。

 

金沢へ - vol.5 - ひがし茶屋街

 

暑い日が続きますね。

疲れた体が欲しているのか、最近早い時間に眠気が襲ってきて、結果たっぷりの睡眠が取れており、まだ夏バテには至っておりません。

無理せず、ほどほどに頑張っていこうと思います。

 

さてさて、金沢へのお出かけ、前回の続きです。

 

卯辰山花菖蒲園を後にして、ひがし茶屋街へ向かいます。

 

 

ひがし茶屋街

P6172571

説明不要のメジャーどころですが、せっかくですので少しだけ。

 

金沢には、ひがし茶屋街にし茶屋街主計町(かずさまち)茶屋街の三つの茶屋街があり、金沢三大茶屋街と呼ばれます。

ひがし茶屋街は、その中で最大規模を誇り、東西約200m、南北約100mの広さ。

江戸時代末期に建てられた茶屋が数多く残り、平成13年(2001年)に重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

 

P6172574

 

P6172581

 

P6172579

 

P6172582

 

P6172591

 

P6172588

 

P6172598

 

P6172602

 

P6172599

 

P6172600

 

P6172603

 

P6172597

茶屋を利用した、カフェ、お土産屋さんがいっぱい!

 

細い路地に入ると、また異なった趣き。

P6172605

 

P6172606

 

P6172614

 

P6172620

 

P6172624

 

しっとり落ち着いて、着物が似合う大人な街ですね。

 

ではでは。

 

金沢へ - vol.4 - 卯辰山花菖蒲園

 

仕事でバタバタした毎日を送っており、久しぶりのエントリーとなります。

 

 

さてさて、先月、6月17日に金沢の卯辰山花菖蒲園に行ってきました。

www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp

 

卯辰山花菖蒲園

P6172521

 

卯辰山(うたつやま)は、諸説あるみたいですが、金沢城から見てほぼ東(卯辰の方角)に位置することから名付けられたとされています。

十二支は、方角や時間を表すために用いられますが、調べてみると、なかなか面白くて、・・・

 

f:id:shinobu-natsume:20180630235922g:plain

子(ねずみ)を例にすると、時間では午前0時、方角では北を表します。

午(うま)は、午後0時となり、正。正午の前後を、前・後。

南北を結ぶ経線だから、子午線。

ヘェ〜っていう感じです。

 

P6172522

少し時期が早かったみたいですが、花菖蒲は約100種類の20万株、アジサイは約3,000株が植えられています。

 

P6172556

 

P6172524

 

P6172555

 

P6172543

 

P6172542

 

P6172559

 

P6172547

 

P6172553

 

P6172560

 

P6172531

 

P6172532

 

P6172533

 

P6172538

 

P6172541

 

花菖蒲園から、卯辰山公園・望湖台へ。

P6172570

 

金沢市街を一望!

P6172564

 

P6172569

 

P6172568

 

次回、卯辰山からひがし茶屋街へ。

 

〜おまけ〜

調べてみると、面白かったので、十二支についてもう少し。

 

「桃太郎は、どうして鬼退治のお供に、犬・猿・キジを選んだのか?」

 

もっと強そうな動物がいるのになぁ〜って、子供の頃、思っていました。

 

鬼は、丑(うし)寅(とら)が合体した化身だそうです。

なので、2本の角が生えて、トラ柄のパンツを履いています。

 

f:id:shinobu-natsume:20180701001546g:plain

丑寅の方角にあたる北東を鬼門と呼ぶのは、そのためなんですね。

上の図のとおり、鬼門に対抗する裏鬼門となるのが、申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)

鬼退治を行うには、最強のベストメンバーというわけです。

 

ではでは。

 

1.卯辰山花菖蒲園 2.望湖台